お金を借りる

お金を借りる方法│今すぐお金を借りたい時の活用術

生きて行く上で、どうしてもなくてはならないのが、金です。毎日の生活の中で、どうしても必要になってきてしまうものです。食事をするのも、ただ家で寝ることにも、お金が掛かっています。
そんな世の中です。まとまったお金が急に必要になることも、必ずやってきます。

 

その代表的な例が、冠婚葬祭です。結婚式などは、前々から日取りが決まっているので、対応しやすいかもしれませんが、お葬式は、いつやってくるのか予想することは不可能です。しかも喪主になった場合は、かなりのお金が必要になってきてしまいます。

 

それから、ケガや病気での急に入院することになった時にも大変です。保険があっても、多くの場合、一時的に治療費などを立て代えなければならない場合もあります。
また、急な転勤の対応にもお金が掛かります。社宅などがあったとしても、家具など、何かと必要なものを揃えなければならず、どうしても余分な出費が増えてしまいます。

 

このように、お金の工面が急に必要な時でも、すぐにお金を借りることができる方法があったら便利ですよね。
そんな時こそ活躍するのが、消費者金融なのです。

 

消費者金融には、即日融資サービスがあります。これを上手く利用して、生活のちょっとしたピンチの時に役立てていただきたいと思います。

 

ところで、お金を借りる方法といえば、いろいろ考えられますよね。
安易に考えられがちなのが、家族や友人、知人などからお金を借りる方法です。

 

この方法の魅力的な点は、利子を支払わなくてもいいことになりそうだということと、返済期限や取り立てなどに悩まされることもないだろうと思うことでしょうか。
しかし、よく考えてみると、一人前の社会人になったのに、身内に「お金を貸して」などと頼むことには、かなり恥ずかしいことですよね。

 

また、「お金を貸して」と頼んだ後の人間関係などについてもよく考える必要があります。お金を返済した後も、あなたに対しての「お金に困っている人」という印象はすぐには消えません。
もし、約束通り、お金が返せなくなった場合には、とんでもないことになります。あなた自身の信用はガタ落ちですし、それ以降の、その人との人間関係にも大きく響いてきます。下手をすれば、二度と連絡がつかなくなってしまうことも十分考えられるのです。

 

このように、、一見魅力的に見える方法ではありますが、身内や友人にお金を貸してと頼むことには、大きなリスクが伴っています。
従って、多少の利子を支払うことになったとしても、一般の金融機関からお金を借りる方が無難だということができます。

 

次に、銀行について考えてみましょう。
特に近年人気となっているのが、銀行のカードローンです。

 

2006年の総量規制の法律が制定されてからは、ぐっと注目度が高まりましたよね。
こちらローンは、銀行の中でも使用用途が限定されていない自由なローンで、高額な利用限度額の設定が可能になっています。

 

総量規制が開始されてから、消費者金融やクレジットカードの信販会社における、個人の借入総額は年収の3分の1以内に収めなければならなくなっています。
しかし、銀行のカードローンはこの対象外となっているので、高額な利用限度額を設定にすることができるのです。

 

例えば、現在人気があるオリックス銀行では最高800万円、主婦に人気のイオン銀行でも800万円、大手のみずほ銀行のカードローンでは最高1000万円の限度額を設定することができるようになっています。

 

さらに、これらのローン全ては銀行のローンですので、銀行ならではの低金利での借入融資を受けることができるのです。
ちなみに消費者金融の金利水準は、5%〜18%程度となっていますが、銀行のカードローンは3%〜15%程度となっています。

 

これだけ好条件の銀行のカードローン。しかし、デメリットもあります。

 

条件がよければよいほど、融資を受けるためには厳しい審査に通過しなくてはならないのです。低金利で高額のカードローンを利用したいなら、借りる側としても、それなりにしっかりとした信用を示さなくてなりません。ですから、銀行側としても、審査は厳密に時間を掛けて行いたいのです。

 

つまり、銀行の審査には、時間が掛かるし、通過も容易ではないということです。

 

例えばオリックス銀行のカードローンでは、条件にもよりますが、申込をする時点で、年収200万円以上という年収制限が課せられています。審査に前に、すでに篩にかけられてしまうのですから、如何に審査の通過が難しいかは予想が付くでしょう。

 

以上のことから、魅力のある銀行のカードローンですが、私たちがお金を必要とする緊急時に、役に立つ方法ではないことがおわかりでしょう。

 

 

それでは消費者金融のシステムはどうでしょうか。
消費者金融の最大のメリットといえば、なんといっても、そのスピードです。

 

しかも申込方法から返済まで、とても簡単なのも魅力的ですよね。
申込には、無人契約機の利用がポピュラーとなっています。無人契約機はタッチパネル方式なので、誰でも簡単に操作ができます。

 

申込が終われば、すぐに、審査に入ります。
消費者金融の審査は非常に速く結果が出ます。
なんと、業界の最短審査時間は30分。

 

ちなみに、銀行の審査では最低2日、長ければ1週間も掛かってしまうのですから、消費者金融の審査がどんなに速いかが、わかりますよね。

 

審査に通過すれば、その場でキャッシングカードが発行されます。
アコムやプロミスにおいては、14時までに契約を完了させておけば、即日融資を受けることができます。発行されたカードを利用してすぐにお金を引き出すこともできるし、即日振込の申請もできるはずです。

 

このような即日融資は、多くの消費者金融で利用することができます。

 

さらに、最近では、インターネットでの申込も人気となっています。
この方法を利用すれば、自宅はカフェなど、好きな場所で好きな時間に、24時間申込が可能なので、忙しい方にとっては、とても便利ですよね。また、インターネットで申し込みをすれば、審査の待ち時間も有効に利用できます。

 

カードの発行もATMにお金を引き出しに行くのも面倒だという方には、モビットの「WEB完結型申込サービス」がお勧めです。
このサービスを利用すれば、申込から返済までの手続きを全て、インターネット上で行うことができてしまいます。

 

ですので、キャッシングカードの発行はありません。無人契約機にも、ATMにも行く必要はなく、お金のやり取りも、もちろんネット上で行うことができるのです。この方法では、郵便物も電話のやり取りもありません。しかも簡単で、スピーディーに借金ができる画期的なサービスなのです。

 

以上のように消費者金融のシステムは、何でもスピーディーで、簡単、そして便利なものばかりが揃っています。
私たちが、日常生活においてお金が必要な時には、それほど多額の資金は必要ありません。

 

ということは、消費者金融のキャッシングで充分なのです。お金は必要以上に借りるべきではありません。
さっと借りて、すぐ返済した方が、返済の負担も少なくて済みます。

 

また、ローンを組む際には、無理のない返済プランで、着実に返済できる計画を立てましょう。